BIGLOBE WiMAX2+

BIGLOBE WiMAX2+とUQ WiMAXの特徴を徹底比較

2021年1月29日

お金とひらめきの比較

クレジットカードを持っていない方でも契約することができるWiMAXプロバイダとしてBIGLOBE WiMAX2+とUQ WiMAXがありますが、どっちにするべきか迷われるかと思います。

そこで今回は、BIGLOBE WiMAX2+とUQ WiMAXの特徴を徹底比較してどっちがおすすめなのかをお伝えします。

 

BIGLOBE WiMAX2+とUQ WiMAXの特徴を比較

BIGLOBE WiMAX2+の特徴

BIGLOBE WiMAX2+

まず最初に、BIGLOBE WiMAX2+の特徴からご紹介していきます。

キャッシュバックキャンペーンがある

BIGLOBE WiMAX2+は契約時に19200円の端末料金が別途かかりますが、最大17000円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンがあるため、端末料金を軽減することが可能です。

UQ WiMAXも端末料金がかかりますが、キャッシュバックキャンペーンがないため端末料金を相殺することができません。この点ではBIGLOBE WiMAX2+が勝っていると言えます。

1年縛りで契約期間が短い

BIGLOBE WiMAX2+は1年間という短期間での契約が可能です。(UQ WiMAXは2年契約となっています。)

大抵のWiMAXプロバイダは3年契約が基本となっていますので解約しにくいというのが難点ですが、BIGLOBE WiMAX2+の場合は短期間で済むため、より良いサービスが開始されて乗り換えしたいという場合でも長期間待たされずに済みます。

また、単身赴任などで短期間だけWiMAXを契約したいという方にもおすすめです。

初月の利用料金は無料

BIGLOBE WiMAX2+の料金は契約した翌月から発生するため、初月は無料で利用することができます。

1ヶ月分の月額料金が丸ごと浮くというのは嬉しいですね。

口座振替支払いにも対応

BIGLOBE WiMAX2+は口座振替支払いにも対応しています。

WiMAXプロバイダの中にはクレジットカードでの支払いしか対応していないというケースが多いので、クレジットカードを持っていない方はそもそもWiMAXの契約ができず困ってしまうことも多いですが、BIGLOBE WiMAX2+ならそうした心配は無用です。

SIMカードだけの契約も可能

基本的にWiMAXを契約する際は端末とSIMカードセットでの契約になりますが、BIGLOBE WiMAX2+の場合SIMカードのみの契約をすることもできます。

そのため、過去に他のプロバイダでWiMAXを利用していた方の場合は、手持ちの端末を再利用して端末料金を節約することが可能です。

解約料金が安い

BIGLOBE WiMAX2+は解約料金が非常に安いというのもメリットです。

他のプロバイダの場合解約するタイミングにもよりますが、解約料金として9000~20000円ほどかかる場合があります。

しかし、BIGLOBE WiMAX2+は契約から1~12ヶ月目までは1000円13ヶ月目からは無料で解約することが可能です。

気軽に解約ができ、短期契約が可能なので使い勝手が良いWiMAXプロバイダと言えます。



 

UQ WiMAXの特徴

UQ WiMAX

では次に、UQ WiMAXの特徴をご紹介していきます。

サポートが充実している

UQ WiMAXは全国100箇所以上に「UQスポット」という実店舗を展開しており、コールセンターは年中無休で9:00~21:00まで営業しているため、サポート体制が非常に充実しているというのが特徴です。

そのため、何かトラブルがあったり分からないことがあった場合でもすぐにサポートを受けることができます。

WiMAXを利用するのが初めてな初心者の方にとっては安心感がありますね。

Try WiMAXで事前に使用感を試せる

UQ WiMAXには「Try WiMAX」というサービスがあります。

これはWiMAXを15日間無料でレンタルすることができるというもので、本格的に契約を交わす前にWiMAXの使用感を確かめることが可能です。

いざ契約してみてから電波が悪くてネットにつながりにくかった…という事態を避けることができるので、UQ WiMAXとの契約を考えている方はぜひ、事前にTry WiMAXを活用してみましょう。

解約金が安い

BIGLOBE WiMAX2+と同じく、UQ WiMAXも解約料金が1000円と安いのが特徴です。

契約期間は2年間ですが、解約料金が安いので実質的にはいつでも解約することができると言ってもいいでしょう。

公衆無線LANが無料で使用可能

UQ WiMAXでは全国に約13000箇所ある公衆無線LANを無料で利用することが可能です。(他プロバイダの場合月額250~500円ほどの有料オプションが必要になります。)

公衆無線LANは東海道新幹線を始めとして、カフェやホテル、駅、空港など様々な場所に設置されていますので、外出する機会が多い方にとって嬉しいサービスと言えますね。

端末の発送が早い

UQ WiMAXは契約後の端末の発送が早く、当日中に発送してもらうことが可能です。

そのため、早ければ翌日には端末が届き、ネット利用を開始することができます。

また、UQスポットで直接契約すればそのまま端末を受け取ることもできますので、早くネットを使いたいという方にはおすすめです。

口座振替にも対応

UQ WiMAXもBIGLOBE WiMAX2+と同じく、口座振替での支払いに対応しています。

誰でも気軽に契約することができるのは嬉しいポイントです。

SIMのみの契約が可能

こちらもBIGLOBE WiMAX2+と同じですが、UQ WiMAXもSIMのみでの契約が可能です。

そのため、昔使っていた端末を再利用して端末料金を節約することができます。

キャッシュバックがない

UQ WiMAXの短所として、キャッシュバックキャンペーンがないというのがあります。

BIGLOBE WiMAXを含め、他のプロバイダではキャッシュバックキャンペーンを行なっている場合が多いので、キャッシュバックキャンペーンがないのは単純に短所と言えるでしょう。

キャンペーンが少ない

キャッシュバックキャンペーンに限らず、UQ WiMAXはそもそもキャンペーンをあまり行なっていない傾向にあります。

そのため、時期によってサービスのブレがない反面、他のプロバイダに比べてお得に利用することが難しいというのが難点です。

実質的な月額料金が高い

UQ WiMAXはBIGLOBE WiMAXに比べて実質的な月額料金が若干高いのが難点です。

BIGLOBE WiMAXは月額料金が3980円、UQ WiMAXの月額料金は3880円ですので、一見するとUQ WiMAXの方が料金は安いように見えます。

しかし、BIGLOBE WiMAXもUQ WiMAXも端末料金が別途かかる上に、UQ WiMAXにはキャッシュバックキャンペーンがないため端末料金を軽減できません。

料金面を意識するならBIGLOBE WiMAXを選ぶのが得策と言えますね。

 

料金面ではBIGLOBE WiMAX2+がお得

ここまででBIGLOBE WiMAX2+とUQ WiMAXの特徴をご紹介させていただきました。

UQ WiMAXは公衆無線LANが無料で利用できるなどの強味がありますが、総合的に見るとキャッシュバックキャンペーンがあり、初月無料で利用できるBIGLOBE WiMAX2+の方が料金面でお得と言えます。

その他のサービスについても大きな差はないので、特別な事情がない場合はBIGLOBE WiMAX2+を選ぶのが良いでしょう。

 

まとめ

今回は、BIGLOBE WiMAXとUQ WiMAXを比較し、どちらがお得かをご紹介させていただきました。

料金面ではBIGLOBE WiMAX2+の方がお得ですが、UQ WiMAXはサポート面が充実しているので、安心感を求める場合はUQ WiMAXを選ぶというのも1つの手段と言えるでしょう。

\BIGLOBE WiMAX 2+の公式サイトはこちら/



 

 

Copyright© WiMAX革命 , 2021 All Rights Reserved.