GMOとくとくBB

GMOとくとくBB WiMAXのWi-Fiレンタルの注意点やデメリットを解説!

2021年1月5日

GMOとくとくBB WiMAX Wi-Fiレンタル

GMOとくとくBB WiMAXでは、今まで短期・お試しできるようなレンタルの契約はなかったのですが、最近公式サイトを見てみると、レンタル利用可能なプランがありました。

GMOとくとくBB WiMAXをレンタルできることは嬉しいけど、Wi-Fiレンタルの契約にデメリットや注意点はないのか気になりますよね。

結論から先にお伝えすると、GMOとくとくBB WiMAXのWi-Fiレンタルの契約のデメリットと注意点は以下のとおりです。

Wi-Fiレンタルの契約のデメリットと注意点

  • 別途事務手数料3,000円(税抜)が発生する
  • 端末を返却する必要がある
  • 本契約の方が利用料金が安い
  • レンタル期間中に盗難・紛失・破損などの場合は20,000円かかる

本記事では、GMOとくとくBB WiMAXのWi-Fiレンタルのデメリットや注意点をまとめています。

デメリットや注意点を理解することで、安心して申し込みができるかと思います。

\月額割引の公式サイトはこちら/

 

GMOとくとくBB WiMAXのWi-Fiレンタルとは?

サービスは本契約と同様のものを利用できる

GMOとくとくBB WiMAXを本契約した場合の、ギガ放題プランと同じサービスで利用できるため、毎月のデータ容量の制限なく使えます。

1ヶ月単位で短期利用できる

GMOとくとくBB WiMAXを本契約した場合は、3年間の縛りがありますが、Wi-Fiレンタルの場合は、1ヶ月単位での短期利用が可能です。

解約金が0円

もちろんレンタルの契約なので、最低利用期間が終了すると、解約した場合の解約金は不要です。※Wi-Fiルーター発送月(初月)の翌月までが最低利用期間。

 

ポイント

GMOとくとくBB WiMAXのギガ放題プランを1ヶ月単位で利用できることが、Wi-Fiレンタルプランの特徴です。

 

GMOとくとくBB WiMAXのWi-Fiレンタルの注意点やデメリット

別途事務手数料3,000円(税抜)が発生する

GMOとくとくBB WiMAXのWi-Fiレンタルの契約の場合でも、事務手数料3,000円(税抜)が発生します。

1、2ヶ月ぐらいの利用で、事務手数料3,000円がかかるのは、少しもったいない気がしますね。

契約後に、請求を見て「えっ何この金額?」とならないように、予め事務手数料がかかることは知っておいた方がいいですね。

端末を返却する必要がある

Wi-Fiレンタルの契約なので、利用した端末は解約時に返却する必要があります。

「本契約でも、返却しないといけないのじゃないの?」と思われたかもしれませんが、GMOとくとくBB WiMAXの本契約の場合、端末は返却しなくてもOKです。

実質20,000円する端末を、端末代無料キャンペーンにてタダで手に入れているからです。

本契約の方が利用料金が安い

GMOとくとくBB WiMAXのWi-Fiレンタルの契約の場合、契約期間に縛りがない分、月額料金が高めの「4,500円(税抜)」に設定されています。

GMOとくとくBB WiMAXを本契約した方が、月額料金は明らかに安くつきます。

レンタル期間中に盗難・紛失・破損などの場合は20,000円かかる

GMOとくとくBB WiMAXのWi-Fiレンタルプランの場合、端末は借りていることになりますので、盗難・紛失・破損などの場合は端末損害金として20,000円かかってしまいます。

Wi-Fiルーターを壊したり無くしたりすることはあまりないかと思いますが、保証もないので、万一の時はリスクですよね。

GMOとくとくBB WiMAXの本契約の場合は「安心サポート」や「安心サポートワイド」という保証のオプションサービスが利用できるため少しは安心できます。

GMOとくとくBB WiMAXのWi-Fiレンタルプランに申し込む場合は、本契約と比較した際のデメリットや注意点も考慮した上で、申し込んだ方がいいと思います。

GMOとくとくBB WiMAXの公式サイトには、以下のリンクからアクセスできます。

\月額割引の公式サイトはこちら/

 

 

 

Copyright© WiMAX革命 , 2021 All Rights Reserved.