GMOとくとくBB

GMOとくとくBBでWiMAXを選ぶ方法とは?おすすめのWiMAX端末を紹介します!

ネット社会になり、今やインターネットが使えない生活は考えられないという方も多くなっています。

ただ、一口にインターネットと言っても今はいろいろな選択肢があり、どれを選べばいいのかわからなくなっているという方もいることでしょう。

また、GMOとくとくBBで選べるWiMAX端末は4種類あるので、どれを選んだら良いのか迷いますよね。

WiMAX端末は一度選ぶと何年か使うものですから慎重に選びたいと思われるかもしれません。

本記事では、GMOとくとくBBで選べるおすすめのWiMAX端末を紹介しています。

今回の結論を先にお伝えすると、GMOとくとくBBでおすすめのWiMAX端末は、モバイルタイプの場合「W06」でホームルータータイプの場合「L02」です。

なぜかというと、WiMAX端末の通信速度が速いからです。

お得にWiMAXを利用できるプロバイダーのGMOとくとくBBに申し込む場合は以下のリンクをクリックして公式サイトにアクセスしてくださいね。

\公式サイトはこちら/

 

WiMAXのプロバイダーはGMOとくとくBBがおすすめ

WiMAX端末選びと同じくらい大切なのが、プロバイダー選びです。プロバイダー選びに関しては、GMOとくとくBBがおすすめです。

実際にユーザーも多いですし、WiMAX端末の選び方を指南するサイトでもプロバイダーに関してはGMOとくとくBBであることを前提にしていることが多いです。

では、なぜプロバイダーはGMOとくとくBBがいいのでしょうか?

まず、GMOとくとくBBは、GMOインターネット株式会社によって運営されています。

プロバイダー運営実績が20年以上ある大企業によって運営されているからこその安心感があります。

また、「最大で30000円キャッシュバック」「端末代0円」「最短で即日発送」「20日以内であればキャンセルOK」といったGMOとくとくBBだからこその特典もたくさん用意されています。

WiMAX端末自体は他のプロバイダーでも同じものを利用できますし、ものが同じであれば性能面にも変わりはありません。

ただ、それ以外の部分でのサービスが他のプロバイダーと比べるとGMOとくとくBBは優れているのです。

 

WiMAX端末を選ぶ際のポイント

プロバイダーはGMOとくとくBBがおすすめという話をしましたが、GMOとくとくBBではさまざまなWiMAX端末を用意しています。

WiMAX端末を選ぶ際にはいくつかのポイントがありますので、そのポイントに触れていきましょう。

ポイント1:通信速度

まず挙げられるのがWiMAX端末の通信速度です。

通信速度というのは、WiMAXのルーターを比較する上でもっとも重要なポイントになってきます。

通信速度を比較することなく、WiMAXのルーターを選ぶことはできません。

というのも、せっかくWiMAXのルーターを吟味して契約したのにインターネットがサクサク使えないのでは意味がありません。

通信速度に関しては高速なルーターほどおすすめと言えるでしょう。

 

ポイント2:通信モード

次に、WiMAX端末の対応通信モードです。WiMAXルーターには「ハイスピードモード」「ノーリミットモード」「ハイスピードプラスエリアモード」の3種類の通信モードがあります。

もともとはノーリミットモードが主流だったのですが、新回線であるWiMAX2+がエリア拡大に加えて高速化していく中で現在ではハイスピードモードが主流となっています。

そこに「au4GLTE回線」との接続が可能となるハイスピードプラスエリアモードも加わることで、主流となっているハイスピードモードよりもさらに広範囲で高速通信が可能となっているわけです。

これを実現させるための通信技術も向上しており、今後はもっと高速での通信が可能になるはずです。

通信モードにしても通信技術にしても、新しいルーターであればあるほどスペック的にも安心です。

 

ポイント3:連続通信時間(電池持ち)

そして、WiMAX端末の中でもモバイルルーターを考えているのであれば連続通信時間もチェックしておきましょう。

連続通信時間というのは簡単に言ってしまうとバッテリーも持ちです。

出かけているときにもWiMAXのモバイルルーターを使うのであれば、言うまでもなくバッテリーができるだけ長く持つ端末がおすすめです。

ちなみに、モバイルルーターに関しては重さや大きさといった携帯性もチェックしておきましょう。

今のところ、新しいものであればどのWiMAX端末にもそこまでの差はないのですが、微妙に重さや大きさが違ってきますので持ち歩く上で負担にならないのかきちんと収まるのかも確認しておきたいところです。

 

モバイルルーターならW06がおすすめ

機種名 WX06 W06
機種
発売日 2020年1月30日 2019年1月25日
サイズ 111×62×13.3mm 128×64×11.9mm
下り最大速度 440Mbps 1237Mbps
上り最大速度 75Mbps 75Mbps
連続通信時間 11時間30分 9時間
同時接続台数 16台 16台
クレードル

GMOとくとくBBでは「W06」「WX06」といったWiMAX端末が用意されているのですが、その中でもモバイルルーターとしておすすめなのが「W06」です。

何と言っても、W06は最大通信速度(下り)が圧倒的です。

WX06が440Mbpsなのに対して、W06は1.2Gbpsです。Gbpsというのは「Giga bits per second」の頭文字をとったもので、Mbpsというのは「Mega bits per second」の頭文字をとったものです。

どちらも1秒あたりに送信できる通信容量の単位のことで、単位の大きさとしては「1Gbps=1000Mbps」となります。

これだけでW06の最大通信速度のすごさがおわかりいただけるかと思います。

また、サイズは他のものとそう変わらないものの、薄さは「11.9㎜」ともっとも薄くなっています。

それでいてデザイン的にも角の丸みがあるので、持ったときに手に馴染みやすいと感じる方も多いようです。重さに関しても微々たる差ではありますが、「約125g」ともっとも軽くなっています。

そして、新しいものなので通信モードや通信技術に関しても申し分ないですし、連続通信時間も最大で「11時間40分」とかなりの長さとなっています。

連続通信時間に関しては正直なところ、W06よりも長いものもあるのですが、スペックなどを考慮するとそれでもW06がおすすめです。

 

ホームルーターならL02がおすすめ

機種 Speed Wi-Fi HOME L02 WiMAX HOME 02
製品イメージ
メーカー HUAWEI NEC
下り最大速度 1,000Mbps(1Gbps)LANケーブルでの有線接続時
※下り最大速度867Mbps(Wi-Fi接続時)
440Mbps
上り最大速度 75Mbps 75Mbps
最大同時接続台数 40台 20台
サイズ 約93×93×178mm 約50×118×100㎜
重さ 約436g 約218g

モバイルルーターを持ち歩くことまでは考えておらず、家でインターネットが使えればいいという方であればホームルーターがおすすめです。

GMOとくとくBBのホームルーターであれば、L02がおすすめです。

ホームルーターのWiMAX端末としては「L02」「HOME02」といったものがあるのですが、L02はその中でもサイズとして大きめの部類に入ります。

据え置き型なので仕方ないのですが、その分、広い範囲に電波が飛んでくれます。

また、他のものが440Mbpsなのに対して、L02は最大通信速度(下り)で1Gbpsとなっています。

最大接続可能台数も40台とかなり多めになっていますし、家でインターネットを使う分には十分すぎるほどです。

 

まとめ

今回の内容をまとめると、WiMAXルーターのモバイルルーターは「W06」がおすすめ。

ホームルーターは「L02」がおすすめです。

なぜかというと、WiMAXルーターの通信速度が2倍以上も速いからです。

WiMAX端末選びの参考にしてくださいね。

なお、GMOとくとくBBのWiMAXで、料金が確実に安くなる方がいいという人は以下のリンクをクリックして月額割引の公式サイトにアクセスしてください。

\月額割引の公式サイトはこちら/



また、キャッシュバックの受け取り手続きはあるけど、少しでも安い方がいいという人は、以下のリンクをクリックしてキャッシュバックキャンペーンの公式サイトにアクセスしてください。

\キャッシュバックの公式サイトはこちら/



 

 

 

Copyright© WiMAX革命 , 2020 All Rights Reserved.