カシモWiMAX

カシモWiMAXの付属品の充電用ACアダプタや充電用USBケーブルは一緒に申し込むべき?クレードルの必要性もあわせて解説します!

アイコン女性

カシモWiMAXに申し込もうと「お申し込みフォーム」を進めていくと以下の画像のように「付属品」の申し込み「有無」を選択する画面が出てきます。

カシモWiMAX 充電器

「充電用ACアダプタ」1,800円(税抜)や「充電用USBケーブル」1,200円(税抜)などを「申し込む」のか「申し込まない」のかを選択できます。

今回の結論を先にお伝えすると「充電用ACアダプタ」や「充電用USBケーブル」は「申し込まない」でOKです!

なぜかというと、充電器や充電ケーブルなどの付属品はAmazonなどでも売っており、安く買えるからです。

自分で買うのがめんどくさい。」と思われたかもしれませんが、Amazonなどから買った場合、1,000円以上も安く買えます。

Amazonで見つけた上記の「充電用ACアダプタ」と「充電用USBケーブル」ですが、有名なAnkerというブランドで、1,119円と699円で売っていました。

「充電用ACアダプタ」は、1,800円1,119円「充電用USBケーブル」は、1,200円699円で買えるので、かなり安くなりますよね。

また、WiMAX2+ルーターを充電できるケーブルは「USB Type C ケーブル」なので、同じケーブルを持っている場合は、新たに買う必要がありません。

そのため「充電用ACアダプタ」と「充電用USBケーブル」は「申し込まない」で大丈夫です!

以下のリンクをクリックして「カシモWiMAX」の公式サイトにアクセスしてください。

\公式サイトはこちら/

 

カシモWiMAXを契約する際にクレードルは必要か?

カシモWiMAXでモバイルタイプのWiMAX2+ルーターは「W06」と「WX06」の2種類あります。

「W06」で申し込む場合は、クレードルがありませんが「WX06」で申し込む場合は「クレードル」3,619円(税抜)を一緒に「申し込む」のか「申し込まない」のかを選択できます。

カシモWiMAXのACアダプタとクレードル

そのため、カシモWiMAXの「WX06」を契約する場合、クレードルは必要かどうか?について解説します。

 

1:クレードルとはそもそも何なのか?

そもそもクレードルって何?」という方も少なくないと思うので、先にクレードルについて説明していきます。

クレードルは、WiMAX2+ルーターを置くことによって機能を拡張できるスタンドタイプの充電台のことです。

このクレードルにWiMAX2+ルーターを設置することで充電ができるほか、LANケーブルを使った有線接続が可能になります。

基本的に、ネットを利用する際は無線接続するよりも有線接続した方が通信の安定性が高くなりますので、家でパソコンなどを使用する際などはクレードルを使った有線接続をするとより快適にネットを利用することができます。

その他、無線LAN非対応の機器に接続することができるようになるというのもメリットです。

また、クレードルにはアンテナが搭載されているので、有線接続をすることができるだけではなく無線接続する際の通信の安定性を向上させることも可能です。

そのため、電波状態が悪い場合もクレードルに端末を設置して使用することで改善する可能性があります。

 

2:クレードルの利用でWiMAXの通信量を節約することもできる

また、クレードルは無線LANの中継機として使用することができるので、使い方によってはWiMAXの通信量を節約することも可能です。

例えば、ホテルなどの施設で有線LANが設置されている場合、そのLANケーブルをクレードルにつなげることで無線LANの中継機とし、複数の機器をネットにつなげることができます。

こうした使い方をすればWiMAXの通信量を使用することなく無線LANを活用することができますので、出張などでホテルに泊まることが多い方などにとっては便利なアイテムと言えるかもしれませんね。

 

3:最新機種に対応しているクレードルがない

クレードルの注意点として覚えておきたいのが、WiMAX2+ルーターの最新機種であるW06には対応しているクレードルがないということです。

W06は最新機種ということもあって性能が高いため、クレードルがなくても安定して高速な通信を行うことが可能となっています。

そのため、対応したクレードルがないと予想されます。

 

4:クレードルの購入は必要か?

最後にクレードルはの購入は必要か?という点ですが

  • より快適なネット環境を構築したい方
  • 出張などで外泊する機会が多い方

こうした方の場合は購入を検討していもいいでしょう。

 

カシモWiMAXを契約する際に充電用USBケーブルは必要か?

カシモWiMAX 充電用USBケーブル

続いては、充電用USBケーブルの必要性についてです。

WiMAX2+ルーターの充電は主に先にご紹介したクレードルや後述する充電器、そしてこのUSBケーブルによって行います。

カシモWiMAXは契約時にUSBケーブルが付属されていないので、場合によっては充電の手段として契約時に追加する必要があります。

ただし、カシモWiMAXで提供しているUSBケーブルは税抜1200円となっています。

例えば、Amazonなどでは1000円足らずで購入できるUSBケーブルType-Cもありますので、契約時に追加で購入するというのはあまりお得とは言えません。

また、USBケーブルType-Cは何か他の所持品の付属品として既に持っているという方も少なくないと思いますので、カシモWiMAXの契約時に追加で購入する必要はあまりないと言ってもいいでしょう。

 

カシモWiMAXを契約する際に充電用ACアダプタは必要か?

カシモWiMAX 充電用ACアダプタ

次は充電器の必要性についてお話していきます。

カシモWiMAXで端末を契約する際は、充電用ACアダプタもデフォルトでは付いてきませんので、必要な場合は契約時に別途購入する必要があります。

ただし、カシモWiMAXで提供している充電用ACアダプタには2点デメリットがあります。

まず1つ目のデメリットは価格が高めであることです。

カシモWiMAXで提供している充電器は税抜1800円となっています。

USBType-Cに対応したACアダプターにはもっと高額なものもありますので、カシモWiMAXが提供しているものが法外に高いというわけではありませんが、それでもより安く販売されているACアダプターも存在します。

そのため、より安い価格で充電用ACアダプタを入手したいなら、カシモWiMAXから購入する必要は特段ないと言ってもいいでしょう。

2つ目のデメリットは、WiMAX2+ルーターに対応した純正品(Type-C共通ACアダプタ01)ではないということです。

カシモWiMAXで提供しているWiMAX2+ルーターはクイックチャージに対応しているので、純正品のACアダプターを使用すればより短時間で充電することが可能です。

しかし、肝心のACアダプターは純正品ではないものを提供しているため、その性能を十分に活かすことができません。

以上のことから、充電用ACアダプタはカシモWiMAXが提供しているものを購入するより、自分で買った方がいいと言えます。

 

まとめ

今回は、カシモWiMAXを契約する際の付属品の必要性についてお話させていただきました。

基本的にクレードルはどんな使用を想定しているかに応じて購入を検討する価値がありますが「充電用USBケーブル」や「充電用ACアダプタ」については、カシモWiMAXで提供しているものを購入するより、別途自分で満足のいく価格・性能のものを購入した方がいいでしょう。

あなたもぜひ、カシモWiMAXを利用する際は今回の記事を参考にしてみてください。

\公式サイトはこちら/




 

Copyright© WiMAX革命 , 2021 All Rights Reserved.