Thoughtful,Young,Asian,Girl.

おくだけWi-Fi

口座振替でも申し込めるおすすめのおくだけWi-Fiとは?

工事不要で簡単にネット環境を用意できるので、おくだけWi-Fiの利用を検討されている人も多いと思います。

いざ、おくだけWi-Fiに申し込もうとしても、お支払い方法がクレジットカードのみ対応なので、申し込みをためらったという人もいるでしょう。

クレジットカードを持っていない。
クレジットカードを使いたくない。

上記のような人は、口座振替にて申し込めるおくだけWi-Fiから申し込みたいと思いますよね。

この記事では口座振替で申し込めるおくだけWi-Fiを紹介しています。

口座振替に対応しているおくだけWi-Fiは以下の4社です。

また、口座振替対応のおくだけWi-Fiの中でもおすすめのプロバイダはどこなのかについても解説しています。

 

口座振替でも申し込めるおすすめのおくだけWi-Fiとは?

おくだけWi-Fiは様々な企業が提供していて、お支払い方法が、クレジットカードのみ対応している企業や、クレジットカードと口座振替の両方に対応している企業などがあります。

口座振替でも申し込めるおすすめのおくだけWi-Fiを紹介します。

モバレコAir

モバレコAir LP

実質月額 3,307円 (5.0)
通信速度 最大962Mbps (4.5)
データ容量 無制限 (4.5)
キャンペーン 月額割引 & 17,000円キャッシュバック (5.0)
スマホ割 SoftBank & Y!mobile 最大1,000円割引 (5.0)
おくだけWi-Fiの中で実質月額が最安値。なおかつキャッシュバックがもらえるのが翌月と早いためランキング1位です。データ容量も無制限で利用できるのはポイントが高いですね。

口座振替対応のおくだけWi-Fiの中にモバレコAirがあります。

モバレコAirは、おくだけWi-Fiの実質費用を計算すると、最安で利用できるプロバイダとなります。そのため、おくだけWi-Fiを最安で利用したい人には、おすすめのサービスとなります。

 

BIGLOBE WiMAX2+

BIGLOBE WiMAX 2+キャッシュバック

実質月額 4,041円 (4.0)
通信速度 最大1237Mbps (4.5)
データ容量 無制限(3日10GB) (4.0)
キャンペーン 月額割引 & 17,000円キャッシュバック (5.0)
スマホ割 au:最大1,000円割引
UQ mobile:最大500円割引
(5.0)
WiMAXのおくだけWi-Fiの中で、最安値のBIGLOBE WiMAX2+!1年契約できるところもGood Point!

SoftBank Airが利用できないエリアでの利用を考えている。
auのスマホを持っているので、WiMAXのおくだけWi-Fiの方がいい。
という人は、BIGLOBE WiMAX2+のおくだけWi-Fiがおすすめです。

BIGLOBE WiMAX2+は、口座振替対応のWiMAXのおくだけWi-Fiの中で最安で利用できるプロバイダです。

また、WiMAXは通常3年更新ですが、BIGLOBE WiMAX2+は1年更新が可能なので、短期契約を検討している方にもおすすめですよ。

また、データ端末と一緒に申し込むことで契約の翌月に15000円のキャッシュバックを受け取ることができるキャンペーンも開催しています。

契約の翌月にキャッシュバックを受け取ることができるというのは、キャッシュバックキャンペーンの中でもかなり早いのでここも嬉しいポイントと言えます。

加えて、都市銀だけでなく地方銀行やゆうちょ銀行、信用金庫など幅広い金融機関に対応しており、地方に住んでいる方でも口座振替で利用しやすいというのもメリットです。

 

Broad WiMAX

Broad WiMAX LP

実質月額 4,096円 (3.5)
通信速度 最大1237Mbps (4.5)
データ容量 無制限(3日10GB) (4.0)
キャンペーン 月額割引 (4.0)
スマホ割 au:最大1,000円割引
UQ mobile:最大500円割引
(5.0)
インターネット乗換えで契約解除料負担やいつでも解約サポートなどの豊富なサポートが魅力のWiMAXです。

 

次にご紹介するのは「Broad WiMAX」です。

Broad WiMAXはクレジット支払と口座振替支払い両方に対応しているので、どちらか選ぶことが可能です。

また、Broad WiMAXのその他の特徴としては、他のWiMAXプロバイダやインターネット回線からBroad WiMAXに乗り換える場合に発生する違約金を負担してもらえるキャンペーンがあります。

最大で19000円までの違約金を負担してもらうことができますので、すでにWiMAXを契約しており、現在のサービスに満足できていないという方の場合は利用を検討してみましょう。

なお、Broad WiMAXの違約金負担キャンペーンの詳細については以下をご覧ください。

参考
Broad WiMAX
Broad WiMAXの違約金負担で必要な書類とは?乗り換え方法を徹底解説!

続きを見る

ただし、Broad WiMAXのデメリットとして、契約時に18857円の初期費用がかかるというものがあります。

他のWiMAXプロバイダではこうした費用がかからない場合が多いので、この点については他のプロバイダに比べて劣っていると言えます。

一応この初期費用は一定の条件を満たすことで無料にすることができますが、条件の一つにクレジット支払いをするというものがあるので、口座振替支払いを検討している場合は無料にできないのが残念です。

 

UQ WiMAX

UQ WiMAX

最後に「UQ WiMAX」についてご紹介します。

UQ WiMAXはWiMAXのプロバイダではなく、WiMAXの本家本元になります。

UQ WiMAXはWiMAXの大本ということで、機器の発送の早さや対応の良さなどについてはプロバイダ各社に比べて安心感があります。

ただし、UQ WiMAXはキャンペーンにあまり力を入れていないため、他のプロバイダから契約した方がお得になるパターンが多いです。

そのため、料金の安いプロバイダから申し込みたい方には、おすすめできないプロバイダです。

なお、対応している金融機関については都市銀、地方銀行、第二地方銀行、信用金庫、農協、漁協、ゆうちょ銀行と幅広いため、地方に住んでいる方でも利用しやすくなっています。

 

おくだけWi-Fiのお支払い方法を口座振替にする際の注意点

Beauty,Concept,Of,Asian,Woman.

口座振替支払い対応のプロバイダではクレジットカードがなくても置くだけWi-Fiを利用することができますので非常に便利です。

しかし、いくつかデメリットもございますので、最後にその点についてご紹介していきます。

振込手数料がかかる

口座振替支払いの場合、料金を振り込む際に振込手数料がかかってしまいます。

手数料はおおよそ216~324円程度と微々たる料金ではありますが、長く利用しているとその分その総額は大きくなってしまいますので、少しでも節約したいという方にとっては少々手痛い出費と言えます。

クレジット限定のキャンペーンもある

置くだけWi-Fiのプロバイダでは各社様々なキャンペーンを行っていますが、その中にはクレジット支払いの場合のみ適用されるキャンペーンもあります。

そのため、口座振替支払いの場合はキャンペーンが適用されず、クレジット支払いの場合に比べてトータルの料金が高くなってしまう可能性もあります。

地方銀行や信用金庫に対応していない場合もある

口座振替支払いをする際に気をつけたいのが、利用するプロバイダが自分の銀行に対応しているかどうか?ということです。

地方に住んでいる方の場合は都市銀ではなく地方銀行を利用しているという場合も多いと思いますが、利用するプロバイダがその地方銀行に対応していない場合は支払いをすることができないので注意が必要です。

 

まとめ

今回は口座振替をお支払い方法にして利用できる置くだけWi-Fiについてご紹介させていただきました。

口座振替にて申し込めるおくだけWi-Fiは以下の4社です。料金を安く利用したい人は、モバレコAirがおすすめです。また、SoftBank Airの利用できないエリアやWiMAXのおくだけWi-Fiを利用されたい人は、BIGLOBE WiMAX2+がいいですよ。

なお、最安で申し込めるおくだけWi-Fiのプロバイダは以下の記事からご確認いただけます。

 

 

 

-おくだけWi-Fi

Copyright© WiMAX革命 , 2021 All Rights Reserved.