置くだけWi-Fi

失敗したくない人は見てね。置くだけWi-Fiのメリットやデメリットをわかりやすく解説!

ネット環境を用意する際、光などの固定回線は工事の手間などがあるため面倒に感じる方も多いと思います。

そんな方におすすめなのが工事不要で利用できる「置くだけwi-fi」ですが、置くだけwi-fiも他の回線に比べてメリットばかりではないというのも事実です。

そこで今回は、置くだけwi-fiのメリットとデメリットについてご紹介していきたいと思います。

【GMOとくとくBB WiMAX2+】配線不要!ホームルータータイプの高速Wi-Fiが月額2,590円(税抜)~

 

置くだけwi-fiのメリット

まずは置くだけwi-fiのメリットについてご紹介していきます。

1:回線工事の手間が不要

置くだけwi-fiのメリットとして代表的なのが、回線工事不要で使用することが出来るということです。

例えば光回線などの場合は利用するのに回線工事が必要になるので、すぐにネットを使用することが出来ません。工事を開始するにも業者の都合などもあるので、思いの外待たされてしまうということもあります。

また、工事費用もかかりますし、工事に立ち会う必要がある場合もあるので仕事を休まなくてはならなかったりと時間的に拘束されてしまうこともあります。

しかし、置くだけwi-fiの場合は回線工事不要のためすぐにネットを利用することが出来ますし、工事費用もかかりません。当然工事に立ち会う必要もないので工事に合わせてスケジュールを調整しなくてはいけないという手間も必要ありません。

また、集合住宅などの場合は回線工事をするのに大家さんや管理会社などの許可を取る必要がありますが、置くだけwi-fiはそうした手間も省略することが出来ます。誰でも気軽にネットを利用することが出来るのは嬉しいですね。

 

2:初期設定が簡単

置くだけwi-fiは固定回線などに比べて初期設定が簡単に済むというのもメリットです。

固定回線の場合はモデムとパソコンを接続し、パソコン側からセットアップしなくてはならないなど初期設定をするのに知識が必要になりますので、あまりパソコンに詳しくないという方にとっては難解な作業になってしまう可能性があります。

しかし、置くだけwi-fiの場合はコンセントを挿してからアプリ上、あるいはブラウザ上で簡単に設定をすることが出来ますので、誰でも簡単にネットを利用し始めることが出来ます。

工事などの手間が必要ないのもそうですが、こうした「誰でも簡単に、すぐネットを利用出来る」という点に特化しているのが置くだけwi-fiの強みと言えます。

 

3:転居先でもすぐに利用出来る

例えば光回線などの固定回線の場合、引っ越しなどで住居が移った際、その引っ越し先に同じ回線が引かれていないならまた新たに回線工事をしなくてはならないので、また工事の手続きなどの手間が必要になりますし、すぐにネットを利用出来ないというデメリットがあります。

しかし、置くだけwi-fiの場合は前述の通りコンセントを挿すだけなので工事不要。初期設定も簡単に済むので、引っ越し先でもすぐにネットを利用し始めることが可能です。

いつ引っ越しの必要が出てくるかというのは分かりませんので、こうした際にも手間要らずでネット利用を再開出来るのは心強いですね。

 

4:固定回線よりも費用が安い

置くだけwi-fiは月額費用が安いというのもメリットです。

例えば光回線などは戸建の場合月額5500円ほどかかりますが、置くだけwi-fiの場合はおよそ2000円~4000円ほどなので、場合によっては3000円以上お得になる可能性もあります。

ネット回線というのは継続して利用し続けていくものなので、月々3000円の差というのは積み重なればかなりの額になりますよね。

費用をなるべく節約したいという方にとっても、置くだけwi-fiは有用です。

【GMOとくとくBB WiMAX2+】配線不要!ホームルータータイプの高速Wi-Fiが月額2,590円(税抜)~

 

5:モバイルwi-fiに比べ通信速度や安定性が高い

同じく手軽にネット回線を利用出来るサービスとしてモバイルwi-fiがありますが、置くだけwi-fiはモバイルwi-fiに比べてアンテナなどの性能が高いため、回線速度や接続の安定性が高いというのも特徴です。

また、近年では対象となる機器に向けて、電子機器や電子レンジ、テレビなどによる干渉を受けにくい電波を送信するビームフォーミング機能が搭載された端末も登場したため、より快適にネットを利用することが可能です。

 

置くだけwi-fiのデメリット

続いては、反対に置くだけwi-fiのデメリットについてです。

1:通信制限がある

置くだけwi-fiは固定回線と違って通信制限が設けられているのがネックです。

そのため、動画などデータ容量が多いコンテンツを使用していると、いつの間にか通信制限にかかってしまい通信速度が遅くなってしまった…ということもあります。

また、利用制限がないものでも多くのユーザーがネットを使用する場所や時間帯の場合は通信速度が遅くなってしまうことがあります。

 

2:屋外では使えない

置くだけwi-fiは家庭用のホームルーターですので、モバイルwi-fiのように外出する際などに持っていくという使い方は出来ません。

そのため外出する機会が多く、外出先でもネットを利用したいという方の場合は置くだけwi-fiではなくモバイルwi-fiの方が適していると言えます。

 

3:光回線に比べると通信速度や安定性が低い

置くだけwi-fiは無線でのネット接続になりますので、有線接続の光回線に比べるとやはり通信速度や安定性の面で劣ります。

そのため、例えばオンラインゲームなどで遊びたいという方の場合は置くだけwi-fiでは不便な思いをする可能性があります。

特にFPSなど、目まぐるしく動き回るタイプのゲームの場合は回線の遅延などの影響もあってまともにプレイすることが出来ない場合がありますので注意しましょう

 

置くだけwi-fiはどんな人におすすめなのか?

上記のメリット・デメリットを加味した上で考えると、置くだけwi-fiは下記のような人におすすめです。

  • 機械の扱いにあまり自信がない人
  • 忙しく、工事の立ち会いなどが出来ないという人
  • 工事費用や月々の費用をなるべく節約したい人
  • 動画やオンラインゲームなどをあまりやらない人
  • 引っ越しする機会が多い人

これらの条件に当てはまる人の場合は、置くだけwi-fiの利用を考えてみるのもいいかもしれませんね。

 

まとめ

今回は置くだけwi-fiのメリット・デメリット、そして置くだけwi-fiがおすすめの人についてご紹介させていただきました。

置くだけwi-fiは工事不要で初期設定も簡単。月々の費用も安く済むなど気軽に利用することが出来るというのが最大のメリットですが、逆に通信制限があったり光回線に比べて通信速度・安定性で劣るなどのデメリットも存在します。

そのため、自分の生活スタイルとよく相談した上で利用を検討するのが重要です。

置くだけWi-Fiにお申し込むという人は、業界最安級のGMOとくとくBBを強くおすすめします!

以下のリンクをクリックしてGMOとくとくBBの公式サイトにアクセスしてください。

\月額割引の公式サイトはこちら/



 

 

Copyright© WiMAX革命 , 2020 All Rights Reserved.