置くだけWi-Fi

最安で利用できる置くだけWi-Fiのプロバイダとは?各社を比較してわかりやすく解説します。

工事不要ですぐにネットを利用することができるのが特徴の置くだけwi-fiですが、置くだけwi-fiを扱っているプロバイダや代理店は数多くありますので、一体どのプロバイダ・代理店を利用するのが一番安く済むのか気になっている方も多いと思います。

そこで今回は、置くだけwi-fiの中で最も料金が安く済むのはどのプロバイダか?というのをご紹介していきたいと思います。

結論を先にお伝えすると、WiMAXの置くだけWi-Fiの最安は「GMOとくとくBB」です。

本文にて他のWiMAXプロバイダと料金を比較しているため気になる方は確認してみてください。

最安のWiMAXプロバイダのGMOとくとくBBから申し込むという人は以下のリンクをクリックしてキャッシュバックキャンペーンの公式サイトにアクセスしてください。

\キャッシュバックの公式サイトはこちら/

 

WiMAXのおすすめプロバイダはGMOとくとくBB

一言に置くだけwi-fiと行っても、大きく分けて「WiMAX」と「SoftBank Air」の2種類が主流となっていますが、WiMAXを利用する際におすすめのプロバイダが「GMOとくとくBB」です。

GMOとくとくBBは割引やキャッシュバックなどのキャンペーンが豊富で、これらを適用
した際の実質的な月額料金は3577円となります。

他のWiMAXプロバイダのキャンペーンを適用した際の実質的な月額料金は

  • GMOとくとくBB:3577円
  • DTI WiMAX:3706円
  • Broad WiMAX:3789円
  • ASAHIネット:4135円
  • So-net:4250円

となっていますので、GMOとくとくBBが最も安く済むのが分かります。

また、GMOとくとくBBは契約して20日以内なら無料で解約することが可能となっているのもポイントです。

いざ置くだけwi-fiを契約してみたら、住所の条件などの影響で中々電波が安定せず不便な思いをしてしまったり、自分が想像していた使用感とは違った…ということもありえます。そうした際に無料で解約し、固定回線など他の手段を検討し直すことが出来るというのは安心感がありますよね。

WiMAXの利用を検討している方の場合、GMOとくとくBBでの契約をおすすめします。

【GMOとくとくBB WiMAX2+】月額料金3,609円で使えて、>最大31,000円キャッシュバック! お得なWiMAX2+はこちら

 

短期間だけの利用ならBIGLOBE WiMAXがおすすめ

料金的にはGMOとくとくBBがおすすめですが、上記の比較はあくまで3年契約の場合の実質の月額費用です。

場合によっては単身赴任などで短期間だけWiMAXを利用したいという方もいると思います。

そんな時におすすめなのが「BIGLOBE WiMAX」です。

BIGLOBE WiMAXは実質の月額費用は4180円となるためGMOとくとくBBよりも高くなってしまいますが、GMOとくとくBBが3年契約であるのに対し、こちらは1年契約と短いため、1回の契約でかかる費用としては安く済みます。(合計50160円となります。)

そのため、短い期間だけWiMAXを使用したいという場合はBIGLOBE WiMAXで契約をした方が費用を節約することが可能です。

BIGLOBE WiMAX 2+のギガ放題なら、1年契約&自動更新なし★

 

WiMAXを利用する際の注意点

ここまでWiMAXのおすすめプロバイダをご紹介してきましたが、次はWiMAXの置くだけwi-fiを利用する際の注意点についてもお伝えしていきたいと思います。

WiMAXを利用する際の注意点は、「ギガ放題プランであっても通信制限がかかってしまうことがる」という点です。

WiMAXには7GBプランとギガ放題プランがあり、ギガ放題プランは名前だけ見れば通信制限がなくデータ容量を使い放題のプランのように見えます。

しかし実際には「3日で10GB」という制限があり、この容量を超えてしまうとネットワークの混雑回避のため通信制限がかかります。

通信制限の期間はその月の終わりまでではなく、10GBを超えた日の翌日18時頃から翌々日2時頃までと短期間ではあります。こうしたデメリットもしっかりと把握した上で利用を検討しましょう。

10GBがどれぐらいなのか気になる方は以下の動画をご覧ください。

 

SoftBank AirならモバレコAirがおすすめ

WiMAXの中ではGMOとくとくBBが料金が安いためおすすめですが、WiMAXは前述の通りギガ放題プランでも3日で10GBを超えると一時的に通信制限がかかってしまうというデメリットがあります。

しかし、SoftBank Airには通信制限がありませんので、人によってはこちらを選んだ方がいい場合もあります。

また、SoftBank Airを契約する際は「モバレコAir」経由で契約するのがおすすめです。

通常、SoftBank Airの月額料金は端末購入の場合1~12ヶ月目まで3800円、13ヶ月目以降からは4340円となりますが、モバレコAirでは月額料金割引キャンペーンを開催しているため、このキャンペーンを適用することで契約から1~2ヶ月目は1970円3~24ヶ月目までは3344円で利用することが可能です。

その他、これとは別に17000円のキャッシュバックキャンペーンも行なっているため、SoftBank Airを利用するならSoftBank Air公式から契約するよりも、モバレコAirで契約した方が圧倒的に安く済みます。

また、モバレコAirは2年契約となっているため、3年契約のプロバイダに比べて一度の契約で支払う金額も少なく済むのも特徴の一つです。(契約時の事務手数料込みで、2年間の費用は80580円になります。)

通信制限無しの置くだけwi-fiがほしい方は、ぜひモバレコAirをご利用下さい。

\キャッシュバックの公式サイトはこちら/

 

SoftBank Airを利用する際の注意点

SoftBank Airについても、利用する際の注意点を紹介していこうと思います。

SoftBank Airは通信制限がないというのが強みではありますが、いつでも快適にネット利用が出来るというわけではなく、夜などネットを利用する方が多い時間帯に通信が遅くなってしまうということが多いようです。

通信が遅くなってしまう理由は、ネットワークの混雑による負荷を低下させるために、高負荷状態になっているエリアの通信速度を遅くしているとのことです。

また、エリアの高負荷の原因が特定のユーザーによるものだと判明した場合、過去3ヶ月のネット利用状況を見て再現性が高いと判断されるとそのユーザーを対象に通信制限を行うこともあります。

そのため、エリアによっては自分のデータ利用量が多くなくても、他のユーザーがデータを多く使用しているせいで通信が遅くなってしまうという場合が考えられます。この点を十分視野に入れた上で利用を検討するようにしましょう。

 

自分の用途に合わせてプロバイダ選びをするのが重要

ここまでで置くだけwi-fiの最安候補となるプロバイダ・代理店を3つご紹介させていただきました。

通常の置くだけwi-fiのプロバイダとしては料金も安く、20日以内なら無料で解約することが出来るなどサービス面でも優秀なGMOとくとくBBがやはりおすすめと言えます。

ただし、GMOとくとくBBは3年契約となりますので、短い期間だけWiMAXを利用したいという場合はBIGLOBE WiMAXを利用するのがいいでしょう。

また、WiMAXはギガ放題プランであっても3日で10GBの縛りがあるため、通信制限が気になるという方も多いと思います。

そうした方の場合はモバレコAir経由でSoftBank Airのサービスを利用するのがおすすめです。

置くだけwi-fiを利用する際は料金の安さというのももちろん重要ですが、利用者本人の状況やどんな条件を求めているか?というのも無視出来ません。

自分の求める条件に合った範囲内で料金が安いプロバイダ・代理店を選ぶように心がけましょう。

 

まとめ

今回は最も安く利用出来る置くだけwi-fiについてご紹介させていただきました。

基本的にWiMAXならGMOとくとくBBSoftBank AirならモバレコAirが実質的な月額費用を節約することが出来るのでおすすめですが、場合によっては短い期間だけ使いたいなど事情もあると思いますので、そうした際はBIGLOBE WiMAXを利用するなど、自分の状況に合わせて適切なプロバイダを選ぶのが重要です。

あなたもぜひ、今回の記事を参考に置くだけwi-fiの契約を検討してみてください。

\キャッシュバックの公式サイトはこちら/



 

 

 

 

Copyright© WiMAX革命 , 2020 All Rights Reserved.