置くだけWi-Fi

置くだけWi-FiのSoftBank AirとWiMAXはどっちがおすすめ?料金を比較して解説します!

置くだけWi-Fiを契約するなら「SoftBank Air」と「WiMAX」のどっちがおすすめなのか気になりますよね。

特に料金面は特に重要視したいと感じている方が多いでしょう。

そこで今回は、最安値で置くだけWi-Fiを契約する方法と、おすすめ機種をご紹介いたします!

 

置くだけWi-Fiの「SoftBank Air」と「WiMAX」の料金比較

SoftBank Air WiMAX
月額料金 1〜2ヶ月目:1,970円
3~24ヶ月目:3,344円
1〜3ヶ月:3,609円
4ヶ月〜:4,263円
契約期間 2年(実質4年) 3年
通信速度 最大962Mbps 最大1.2Gbps
通信制限 なし 3日間で10GB
キャッシュバック 17,000円 30,000円

※SoftBank Airは「モバレコ Air」WiMAXは「GMOとくとくBB」の料金

結論を先に言うと、「WiMAX」をおすすめします!

WiMAXの方が3日間で10GBという通信制限がありますが、速度制限を気にすることなく使い放題のようなイメージで利用することができるからです。

SoftBank Airは使い放題をアピールしている置くだけWi-Fiですが、回線の容量の問題なのか、夜になると急激に速度が遅くなることが多発しているので、あまりおすすめできません。

このようなことをふまえて、通信速度で安定したインターネットを利用できるのはWiMAXと言えます。

\キャッシュバックの公式サイトはこちら/

 

 

実際は「SoftBank Air」と「WiMAX」の2社のどちらかを選ぶのが◎

置くだけWi-Fiには、SoftBank AirやWiMAXの他に、docomoの「ドコモおくだけWi-Fi」や、auの「auスマートポート」があります。

しかし実際には、「ドコモおくだけWi-Fi」は法人専用の公衆Wi-Fi設備のことで、一般の方が申し込むことができません。

さらに「auスマートポート」は、auがWiMAXをOEM(他社ブランド製品を製造したもの)した置くだけWi-Fiなので、製品は同じで、プロバイダ別で販売されている置くだけWi-Fiです。

auスマートポートは、auスマートバリューなどを適応できるキャンペーンがありますが、WiMAXプロバイダとしてのキャンペーンが少なく、月額利用料が高いため、ここではおすすめしません。

このことを考えると、置くだけWi-FiはSoftBank AirかWiMAXを選んだ方がいいでしょう。

 

SoftBank AirとWiMAXはどちらを選べばいいの?

SoftBank AirとWiMAXでは、大きな金額差はありませんが、注目すべきは解約時の解約金です。

SoftBank Airは、更新月以外の月に解約すると、解約金9,500円端末代の残債(1,620円×残月分)を支払う必要があります。

例えば12ヶ月で解約した場合、解約金9,500円に加えて、端末代の残債1,620円×24ヶ月分を支払わなければいけないので、1年で解約すると約4万円の出費になります。

長期で契約するのであればSoftBank Airを選ぶのは一つの選択肢としておすすめですが、引越しをする予定がある方はおすすめできません。

WiMAXの場合は、契約年数によって解約金が異なり、1ヶ月~12ヶ月目で解約すると、19,000円の解約金が必要です。

  • 1~12ヶ月:19,000円
  • 13~24ヶ月:14,000円
  • 25ヶ月~:9,500円

WiMAXの場合、端末の残債分は支払わなくていいので、解約時にかかるお金を抑えることができるのがポイント。

WiMAXも更新月以外で解約すると解約金が必要になりますが、SoftBank Airより解約時の負担が少なく、通信速度が安定していて、通信制限も3日で10GBなのでおすすめです。

 

置くだけWi-FiのWiMAXを最安値で契約する方法

BIGLOBE Broad WiMAX GMOとくとくBB
実質月額 4,746円 3,562円 3,421円
契約期間 1年契約 3年契約 3年契約
キャンペーン 15,000円

キャッシュバック

なし 30,000円

キャッシュバック

端末代 19,200円 無料 無料
月額利用料

12ヶ月)

3,980円 2,726円 3,609円
月額利用料

324ヶ月)

3,411円 4,263円
月額利用料

2536ヶ月)

4,011円

実質月額を見ると、置くだけWi-FiのWiMAXを最安値で契約できるのは「GMOとくとくBB」です。

GMOとくとくBBは様々なサイトで「置くだけWi-Fiを最安値で契約できる」と紹介されていますが、なぜそこまですすめるのかというと、GMOとくとくBBは高額なキャッシュバックがあるからです。

 

最安値で手に入れる!おすすめWiMAX端末機種(ルーター)はどれ?

最安値で置くだけWi-Fiを利用したいという方におすすめのWiMAXには、4~6種の端末機種(ルーター)が用意されています。

先に結論を言うと、電源に接続して家でしか使用しない場合は「HOMEL02」、外出時にはカバンに入れて持ち運べる機種は「W06」です。

据置機であるHOME L02と、携帯機であるW06は、上り最大通信速度は他のWiMAXルーターと同じく75Mbps程度ですが、下り最大通信速度は1,237Mbpsと他のWiMAXルーターよりも速い。

もし外出時にも持ち運べて、自宅でも使える置くだけWi-Fiを探しているのなら、ここではW06をおすすめします。

W06は最新機種のWiMAXで、WiMAXの弱点だった建物内・地下鉄などに弱い点を克服した高スペックなので、安心してインターネットを利用することができます。

また、電波受信機能が同じ製造元から1年前に発売されたW05と比べて、約40%も改善されているので、ストレスなくWi-Fiを利用することができます。

 

まとめ

置くだけWi-Fiはいろんな機種やプロバイダが存在していますが、基本的には「SoftBank Air」か「WiMAX」の2つから選ぶようにしましょう。

SoftBank AirはSoftBankユーザーであればお得に利用することができますが、解約金や機種代の残債分の支払いなどを考えると、WiMAXの方が負担が少ないのでおすすめです。

またWiMAXの置くだけWi-Fiを最安値で契約できるのは「GMOとくとくBB」です。

GMOとくとくBBは、最も月額利用料が安いので、継続して置くだけWi-Fiを利用しても、料金面で負担を感じることはほぼありません。

WiMAXの中でおすすめの機種は「HOME02」と「W06」の2種ですが、外出先はカバンに入れて持ち運べて、自宅ではホームルーターとして使えることを考えると、W06がおすすめです。

これから置くだけWi-Fiの利用を考えている方や、乗り換えたいという方は、今回ご紹介したことをぜひ参考にしてみてくださいね!

 

\キャッシュバックの公式サイトはこちら/



 

 

Copyright© WiMAX革命 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.