W06

W06はファーウェイ製だけどバックドア問題は大丈夫?不安なく使うにはどうしたらいいのか?

WiMAXのW06は、通信速度も速くて電波の繋がりも良く、スタイリッシュなデザインのため、この機種にしようと思う人は多いでしょう。

しかし、ニュースなどを見て中国のファーウェイ製に少し不安を抱いているのではないでしょうか?

「もし、ファーウェイ製のW06を契約して何か問題がおきたらどうしよう。」
「米国の動きにより、ファーウェイ製のW06に影響がでたらどうしよう。」

実際にニュースなどを見ているとこのように思いますよね?

ただ、W06は性能が良く人気があり、多くの人が使っています。

もし、W06がファーウェイ製だということで問題が起きたらすぐにニュースになると思いますが、未だニュースでそのようなことは報じられていないようです。

でも、少しでも不安に思うなら、国産のNEC製の最新機種WX06を選びましょう!

W06もWX06も性能がとても良いので、どっちを選んでも快適にインターネットを使えますよ。

また、通常よりもキャッシュバックが高額なGMOとくとくBBの限定ページから申し込みたい人は以下のリンクからアクセスしてください。

>>GMOとくとくBB

※キャンペーンは予告なく変更・終了される場合がありますため、キャンペーン期間中にお申し込みをされることをお勧めします。

 

ファーウェイ製品が問題だと言われているワケ

ファーウェイ自体はすごい会社で、スマホの売り上げがアップル以上でランキング上位です。

世界市場

1位:サムスン
2位:ファーウェイ
3位:アップル

そして、ファーウェイが問題となっているのは、データを盗む「バックドア」というシステムがあると言われているからです。

この「バックドア」というシステムは、「裏口」という意味があり、裏口から侵入して情報を勝手に抜き取るシステムのことです。

そのため、情報を絶対に抜き取られてはいけない、国家企業などがかなり警戒しているというわけです。

実際に、そんなシステムがあるかどうかというのも不確かで、一般人が使う端末ひとつひとつに組み込んで、全情報を集めるなんてことするでしょうか?

正直、今回の問題は、一般人には、あまり関係がないように思えます。

ファーウェイ製品を持っている人は多く、何か問題が起きたのであればすでに大きなニュースになっているはずです。

実際に私もファーウェイ製品が話題になる前からファーウェイ製のWiMAXルーターを使っていますが特に問題はありません。

このように、ファーウェイ製品を持っている人は多いですが、特に大きな問題になっているというニュースはありません。

W06がファーウェイ製なので、使うのが不安だった人もそこまで心配する必要はないでしょう。

また、通常よりもキャッシュバックが高額なGMOとくとくBBの限定ページから申し込みたい人は以下のリンクからアクセスしてください。

>>GMOとくとくBB

※キャンペーンは予告なく変更・終了される場合がありますため、キャンペーン期間中にお申し込みをされることをお勧めします。

 

ファーウェイ製のW06とNEC製のWX06の性能の違い

WiMAXのW06はファーウェイ製のため、NEC製のWX06にしようか迷われる人もいます。

そして、W06とWX06では、通信速度などのスペックが違い、それぞれに強みがあります。

W06とWX06のスペック・性能の違いについては以下の表をご覧ください。

機種名 WX06 W06
機種
発売日 2020年1月30日 2019年1月25日
サイズ 111×62×13.3mm 128×64×11.9mm
下り最大速度 440Mbps 1237Mbps
上り最大速度 75Mbps 75Mbps
連続通信時間 11時間30分 9時間
同時接続台数 16台 16台
クレードル

まず、通信速度ですが以下の通りです。

W06:下り最大1.2Gbps
WX06:下り最大440Mbps
※1Gbps=1000Mbps

このように圧倒的にW06の方が通信速度が速いのではないかと思われるかもしれませんが、あくまで下り最大速度なので、実際に出る速度とは違います。

実は、インターネットの通信速度は10Mbpsぐらい出ていれば体感で違いがわからなくなるほどなのです。なので、それぞれの下り最大速度が違っても体感としてはあまり変わらないのです。

そして、バッテリー持ちですが、これはWX06の方がよく持ちます。

WX06 W06
ハイパフォーマンス設定 約8.1時間 約7.1時間
スマート設定/ノーマルモード 約11.5時間 約9時間
バッテリーセーブ設定 約14時間 約11.6時間

W06とWX06を比べると、バッテリーの持ち時間の差は約2時間なので、国産NEC製のWX06の方が長いです。WiMAXのバッテリーの持ち時間を優先するならWX06がイチオシです。

 

結局はW06もWX06も性能が良い

WiMAX機種もどんどんと新しい製品がでて、現時点ではW06もWX06もどっちもかなりの高性能になっています。

つまり、どっちを使ってもインターネットを快適に使えるということです。

なので、W06がファーウェイ製ということで少し不安があるのなら、国産のWX06を選んだ方が無難ちゃ無難です。

なお、W06の口コミや評価・評判については、WiMAXのW06の良い口コミから悪い口コミまで評価・評判を徹底解説します!の記事をご覧ください。

 

まとめ

今回まとめると、ファーウェイの製品は情報を抜き取るシステムがあると問題視されていますが、実際に本当なのか不確かで、なにか起きたわけでもありません。

そして、W06もWX06もどっちも高性能なのでインターネットを快適に使えます。

もし少しでも不安があるのなら、日本製のNECの子会社である、NECプラットフォームズが製造元のWX06を選びましょう!

NEC製のWX06を選ぶことで、ファーウェイ製だから何か起きるのではという心配が無くなりますね。

また、通常よりもキャッシュバックが高額なGMOとくとくBBの限定ページから申し込みたい人は以下のリンクからアクセスしてください。

>>GMOとくとくBB

※キャンペーンは予告なく変更・終了される場合がありますため、キャンペーン期間中にお申し込みをされることをお勧めします。

 

WiMAX比較ランキング

WiMAXはどこから申し込んでも「通信速度・通信品質・WiMAXルーター」などは同じなので使用感は変わりません。そのため、WiMAXは「利用料金が安いところ」から申し込むのが賢い選択です。

「では、どのWiMAXが最安なの?」と思いましたか?

WiMAXの「実質月額」を比較した結果、GMOとくとくBB WiMAX2+のキャッシュバック特典が最安です。

また、通常よりもキャッシュバックが高額な限定ページは以下となります。

GMOとくとくBB

◎WiMAX最安値!
◎高額なキャッシュバック!

◎最新機種も端末代金無料!
◎送料無料!最短翌日配送!
◎工事不要ですぐ使える!
※お支払い方法はクレジットカードのみ

キャッシュバックの受取手続きはあるけど、料金が少しでも安い方がいいという人は以下のリンクをクリックして「キャッシュバック」キャンペーンの公式サイトにアクセスしてください。

\下記ページ限定33,000円キャッシュバック/

GMOとくとくBB

◎月額割引にて毎月の料金が確実に安くなる!
◎最新機種も端末代金無料!
◎送料無料!最短翌日配送!
◎工事不要ですぐ使える!
※お支払い方法はクレジットカードのみ

キャッシュバックの受取忘れが心配で、料金が確実に安くなる方がいいという人は以下のリンクをクリックして「月額割引」キャンペーンの公式サイトにアクセスしてください。

\月額割引キャンペーンの公式サイトはこちら/

BIGLOBE WiMAX2+

◎1年契約が可能!
◎2年目以降から解約金がかからない!
◎お支払い方法は「クレカ・口座振替」対応!
◎サービス開始月は月額料金無料!
◎送料無料!最短翌日配送!
◎工事不要ですぐに使える!

口座振替で申し込みできるプロバイダの中で最安は、BIGLOBE WiMAX2+となりますので、クレカを持っていない・使いたくない人は以下のリンクをクリックして公式サイトにアクセスしてください。

\BIGLOBE WiMAX2+の公式サイトはこちら/

-W06

Copyright© WiMAX革命 , 2021 All Rights Reserved.